ニュース
» 2020年12月25日 08時00分 公開

店舗厨房内でのパスタ調理を完全自動化するロボット、最終製品を開発中ロボット開発ニュース

TechMagicは、プロントコーポレーションと共同開発中のパスタ調理ロボットについて発表した。具材選びから始まる一連のパスタ調理工程を完全に自動化する同ロボットは、現在、原理検証が完了し、店舗導入に向けて最終製品を開発している。

[MONOist]

 TechMagicは2020年12月2日、プロントコーポレーションと共同開発中のパスタ調理ロボットについて発表した。現在、原理検証(PoC)が完了し、店舗導入に向けて最終製品を開発しており、2021年上半期にはプロントコーポレーション店舗に導入される見込みだ。

キャプション パスタ調理ロボット全体像のイメージ 出典:TechMagic

 同ロボットは、注文品に合った麺や具材を自動で選んで供給し、独自開発したロボットアームを用いて調理器を協調させることで、ゆでる、炒めるといったパスタ調理の一連の工程を完全に自動化する。

 また、店舗スタッフはピーク時に1時間あたり120食以上を提供することもあるが、同ロボットは、スタッフと同等のスピード、品質で調理技術を再現する。

キャプション ロボットによる調理のイメージ 出典:TechMagic

 従来のロボットは一連の調理作業のうち一部しか自動化できなかったため、働く人の省力化はできても、働く人の数そのものを減らすことは難しかった。開発中のロボットは、ほとんどの作業を自動化でき、人件費削減や生産性の向上に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.