ニュース
» 2021年01月05日 09時00分 公開

化学プラントにおける運転員のオペレーションを高精度で模倣するAI開発製造ITニュース

NTTコミュニケーションズは、化学プラントにおける運転員のオペレーションを高精度で模倣するAIを共同開発した。化学プラントの運転支援や運転員の省力化、生産の安定化などが期待される。

[MONOist]

 NTTコミュニケーションズは2020年12月16日、化学プラントにおける運転員のオペレーションを高精度で模倣するAI(人工知能)を、横河ソリューションサービスと共同開発したと発表した。

 同AIは、NTTグループのAI関連技術群「corevo(コレボ)」を構成する技術の1つである、NTTコミュニケーションズのAI開発ツール「Node-AI」を用いて開発。また、プラント運転においてどのような項目を重視すべきかなど、横河ソリューションサービスが持つ専門的な知見を取り入れた。

 また、同AIは、過去のオペレーションで取得した温度や圧力などのさまざまなデータと、それを制御する運転員の操作履歴を教師データにした「模倣学習」により開発。模倣学習は、複雑に変化するプラントなどにおいても、過去のデータがあれば適用できる。この模倣学習を適用することで、従来運転員のオペレーションが必要だった工程でも、AIによる運転支援や自動運転なども可能になってくる。

 NTTコミュニケーションズでは、同AIを用いてシステムにおる自動制御が困難な工程で、運転員とのオペレーションの差を比較する実験を実施。その結果、CORR(2つの時系列データの間の相関を示す指標)=0.95と、高い精度で双方が一致することが確認された。

キャプション 実験のイメージ(クリックで拡大) 出典:NTTコミュニケーションズ

 両社は今回の結果を踏まえてさらに技術検証を進め、NTTコミュニケーションズは同AIを用いた運転支援サービスを2021年度中に提供する予定だ。将来的にはプラントの自動運転サービスの提供を検討していくとしている。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.