ニュース
» 2021年01月06日 09時00分 公開

業務とIT両面で製造現場を支援する見える化ソリューション、原価低減などに貢献製造ITニュース

日立産業制御ソリューションズは、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL」を発売した。工場全体の原価低減、生産効率向上、在庫削減などに貢献する。

[MONOist]

 日立産業制御ソリューションズは2020年12月17日、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する、カスタマーイン型工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL(モノソレイユ)」を発売した。製造業の多様性に応えながら、工場全体の原価低減、生産効率向上、リードタイム短縮、在庫削減などに貢献する。

キャプション 「MONOSOLEIL」の概要図(クリックで拡大) 出典:日立産業制御ソリューションズ

 同ソリューションは、2段階に分かれている。まず、同社独自の問題分析手法を用いた「全体最適業務コンサルティング」によって、工場業務全体に存在する課題間の因果関係を、全体最適の視点で構造図として展開。課題の本質を分析し、実効性のあるアクションプランを策定する。

 策定したアクションプランに基づき、今度は「カスタマーイン型持続改善ITサービス」によって課題解決に最適なITを構築する。その際、業務要件を細かく分解し、複数のバリエーションを持つ業務モジュールを適切に組み合わせることで、さまざまな製造現場の状況に対応する。この手法を用いることで、システム改造や他拠点への展開時などでも必要な業務モジュールを入れ替えるだけで対応でき、コスト削減につながる。

 さらに、導入後も継続的に業務改善が推進できるよう、トラブル発生を通知して迅速な対応を促す「行動促進型PDCAボード」、製造現場と経営層の指標をKPIツリー構造としてひも付け、現場改善の達成度合いの評価として見える化する「課題解決型KPIツリー」も標準機能として装備する。

 同ソリューションは、ヤマハ発動機の浜北工場においてPoC(概念実証)を実施。在庫削減、リードタイム短縮、原価低減への有効性が確認できた。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.