ニュース
» 2021年01月07日 08時00分 公開

タッチレスとARを組み合わせたディスプレイシステムの提供を開始組み込み開発ニュース

大日本印刷は、「タッチレスAR透明浮遊ディスプレイ」の提供を開始した。モーションセンサーと液晶調光フィルム、透明スクリーンを組み合わせることで、ディスプレイに触れることなく、手指の動きでカーソル操作できる。

[MONOist]

 大日本印刷は2020年12月16日、タッチレス(非接触)とAR(拡張現実)を組み合わせた「タッチレスAR透明浮遊ディスプレイ」の提供を開始した。

 タッチレスAR透明浮遊ディスプレイは、人の動きを感知する「モーションセンサー」と、鮮明な映像を演出する「液晶調光フィルム」、AR効果を演出する「透明スクリーン」を組み合わせることで、ディスプレイに触れることなくカーソル操作できる。

 同ディスプレイに人が近づくと、それをモーションセンサーが検知して、液晶調光フィルムを遮光状態にし、透明スクリーン上の映像の視認性を上げる。さらに、手のひらを近づけると、カーソルが現れ、手指の動きでカーソルの移動やクリックができる。液晶調光フィルムを透過状態にすれば、空中に映像が浮かび上がるようなAR効果も演出できる。

キャプション 手を認識するとディスプレイの調光機能が作動(クリックで拡大) 出典:大日本印刷
キャプション 左:タッチレスでのカーソル操作、右:ARによる演出(クリックで拡大) 出典:大日本印刷

 液晶調光フィルムは、電圧のオンオフによって明暗を瞬時に切り替えられる。透明スクリーンには、ナノインプリントを活用した光学レンズを用いており、高い透明性と輝度を両立させている。

 タッチレスで操作できるため、安全衛生や感染症予防に対する人々のニーズに対応。自動販売機や券売機、ホテルや企業の受付などでの活用が期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.