ニュース
» 2021年01月08日 14時00分 公開

フットプリント1×1mm、VRやARの視線追跡に適した軽量小型カメラモジュールウェアラブルニュース

amsは、軽量小型の「NanEyeC」カメラモジュールを発表した。フットプリントが1×1mm、重量が約1gと小型軽量のため、VRやARヘッドセットなど、スペースに制約のあるコンシューマーデバイスに適している。

[MONOist]

 amsは2020年12月10日、ウェアラブルデバイス向けに、軽量小型の「NanEyeC」カメラモジュールを発表した。レンズ付き表面実装モジュールとして提供される。

 フットプリントが1mm2、重量が約1gと小型軽量のため、エンドユーザーからカメラを隠したり、狭小スペースに設置したりできる。小型ながら広い視野角と深い焦点深度を備えており、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)ヘッドセットなど、スペースに制約のあるコンシューマーデバイスに適する。

キャプション 「NanEyeC」カメラモジュール(クリックで拡大) 出典:ams

 画素サイズは2.4μmで、解像度は最大320×320ピクセル。ローリングシャッターを搭載し、インタフェースはデジタルLVDS、SEIM(シングルエンドインタフェースモード)に対応する。ホストマイクロコントローラーやアプリケーションプロセッサへの接続も簡単で、アイドルモードにより消費電力も抑えられる。フレームレートは、SEIMの場合で最大58fpsだ。

 主な用途として、VRまたはARヘッドセットなどを使った視線追跡のほか、スマート照明やスマート空調における人数カウント、没入体験ができる玩具や鉄道模型、カプセル型内視鏡、歯科画像ツールなどを見込む。

 パッケージは2×2mmのSGA。同社では、既にサンプル注文に応じており、評価キット「NanoBerry Eval Kit」も用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.