デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2021年01月12日 13時00分 公開

電磁波解析用ソフト搭載のデスクサイド型スーパーコンピュータを発売CAEニュース

アドバンスソフトとビジュアルテクノロジーは、NECのベクトルエンジンを組み込んだデスクサイド型スーパーコンピュータを発売した。電磁波解析用アプリケーションソフトウェアをインストール、設定済みで、導入後すぐに利用できる。

[MONOist]

 NECは2020年12月17日、同社のベクトルエンジン(VE)を組み込んだデスクサイド型スーパーコンピュータを、アドバンスソフトとビジュアルテクノロジーが発売したと発表した。出荷開始は2021年3月下旬の予定で、希望小売価格はハード、ソフト、セットアップ作業費用込みで498万円(税別)からとなる。

 NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」のPCI-Expressカード型VEを、ビジュアルテクノロジーの「VT64ワークステーション」に実装したCAE特化型のアプライアンスモデルとなる。

 アドバンスソフトが開発した電磁波解析用アプリケーションソフトウェア「Advance/ParallelWave」をインストール、設定済みで、導入後すぐに利用できる。電磁波解析の高速計算用エンジンとしてNECのVEを搭載するほか、計算結果を高速に表示するためのグラフィックスカード「Nvidia Quadro P400」を備える。

スーパーコンピュータの処理イメージ スーパーコンピュータの処理イメージ(クリックで拡大) 出典:アドバンスソフト

 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが進む中、セキュリティの観点から、デジタルデータを自社で高速計算するスーパーコンピュータのニーズが高まっている。アドバンスソフトとビジュアルテクノロジーは、そのニーズに応えるため、2020年5月開設の「NEC 共創コミュニティ for SX-Aurora TSUBASA」に参加。その協業の一環として今回、NECのVEを活用してアプライアンスモデルを商品化した。

 今後は、熱流体解析ソフトウェア「Advance/FrontFlow/red」など、異なる領域のアプライアンスモデルの製品化を予定している。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.