ニュース
» 2021年01月13日 09時00分 公開

ドローン:ソニーがドローン参入第1弾製品の実機をCESで公開、映像制作向けで「α」を搭載

ソニーは2020年1月11日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」で2020年11月に発表したドローンプロジェクト「Airpeak(エアピーク)」の実機を初公開したと発表した。

[三島一孝,MONOist]

 ソニーは2020年1月11日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」で2020年11月に発表したドローンプロジェクト「Airpeak(エアピーク)」の実機を初公開した。

photo 映像公開された「Airpeak」の実機デモの様子(クリックで拡大)出典:ソニー

空をクリエイティブ環境に、そして宇宙も

photo CES 2021のプレスカンファレンスに登壇したソニー 代表取締役社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏

 ソニーは2020年11月にドローンプロジェクト「Airpeak」の開始を発表。イメージング&センシング技術や、リアリティー、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用し、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献することを目指す方針を示していた。

 CES 2021では、その第一弾製品となるプロフェッショナル映像制作領域での製品を公開した。同機にはフルサイズミラーレス一眼カメラ「α」を搭載可能としており、αを搭載したまま安定した高画質撮影が行えるとしている。

 CES 2021のプレスカンファレンスに登壇したソニー 代表取締役社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏は「Airpeakによりクリエイターに映像表現の新境地を提供する。空を創造の場に変えたい」と話している。

photo 自動車の走行中でも安定した飛行と撮影ができるという(クリックで拡大)出典:ソニー

 加えて、吉田氏は「空のかなたにある宇宙と地球の映像をリアルタイムに捉えることによる新たな形のエンタテインメントの姿についても探索しているところだ」と今後の方向性を述べている。ソニーでは、2020年8月に東京大学、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と「宇宙感動体験事業」の創出に向けた共同開発および技術実証契約を締結し、ソニーのカメラ機器を搭載した人工衛星の共同開発を開始している。

「ドローン」関連記事のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.