ニュース
» 2021年01月14日 15時00分 公開

医療機器ニュース:執刀医の負担を軽減する、手術支援ロボットシステム用の椅子を開発

オカムラは、手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」用に開発したチェア「kumpel」を発表した。支援ロボットを用いた手術において、執刀医の手術姿勢をサポートし、疲労を軽減する。

[MONOist]

 オカムラは2020年12月21日、手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム(hinotori)」用に開発したチェア「kumpel(クンペル)」を発表した。同社とメディカロイド、神戸大学の共同研究による成果だ。

 手術支援ロボットを用いる手術では、執刀医は独特な作業姿勢を長時間取り続けることになる。kumpelは、手術時の執刀医の疲労、負担を軽減するために開発された椅子だ。執刀医の骨盤を立たせることで正しい姿勢をサポートし、フットペダルを操作する足を動かしやすいように、座が5度前傾している。

キャプション 手術支援ロボット「hinotori」用チェア「kumpel」(クリックで拡大) 出典:オカムラ

 また、背と座が一体型となっており、背もたれは腰を包み込み、座面は腿裏を圧迫しない形状になっている。さらに、座には、奥行きを短くしたり、先端をV字形状にしたりとフットペダルの操作性を向上する工夫が施されている。

キャプション 「kumpel」の特徴(クリックで拡大) 出典:オカムラ

 hinotoriは、2020年8月にメディカロイドが国産として初めて製造販売承認を取得した手術支援ロボットシステム。hinotoriのサージョンコックピットは人間工学に基づいて設計されているが、執刀医は長時間にわたってスコープをのぞく姿勢を取りながら、手と足で細かな操作をする必要があり、椅子については課題が残っていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.