ニュース
» 2021年01月15日 08時00分 公開

小売店舗の商品棚をチェックできるAIロボットサービスを提供開始人工知能ニュース

日本ユニシスは、小売店舗の商品棚をチェックできるAIロボットサービス「RASFOR」の提供を開始した。自律走行型AIロボットがスーパー閉店後に商品棚の画像を撮影することで、売価やPOP期限、品切れをチェックできる。

[MONOist]

 日本ユニシスは2020年12月23日、小売店舗の商品棚をチェックできるAI(人工知能)ロボットサービス「RASFOR」の提供を開始したと発表した。人手不足を解決し、業務のデジタル化ニーズに対応する。

キャプション AIロボットサービス「RASFOR」(クリックで拡大) 出典:日本ユニシス

 RASFORは、自律走行型AIロボットがスーパーの閉店後に無人の店内を走行しながら商品棚の画像を撮影し、AI解析により売価やPOP期限、品切れをチェックできるサービス。ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスと共同で開発し、村田機械の自律移動走行制御システム、ニコンシステムの画像撮影、動画撮影制御システムを採用している。AI画像解析エンジンは、日本ユニシスが独自に開発した。

 作業人時の削減、品出し業務の効率化などの人的作業の削減、および表示売価とPOS売価違いによる損失粗利、品切れによる機会損失削減による収益の拡大などが期待される。カスミが運営する「フードスクエアカスミオリナス錦糸町店」において常設運用実験を実施しており、損失粗利や機会損失、店舗業務の作業人時の削減などを検証している。

 日本ユニシスは、陳列状況を把握する棚割実態把握機能を2021年6月までに追加する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.