ニュース
» 2021年01月19日 12時00分 公開

オフィス活動の再開に向けた安全性の検証はバーチャル空間で!?メカ設計メルマガ 編集後記

ぜひ当社のオフィスリニューアルでも活用していただきたい!

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2021年1月19日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

⇒ 「メルマガ編集後記」のバックナンバーはこちら

 シミュレーション技術を活用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の飛沫感染リスクを検証・評価する取り組みが進んでることは、皆さんもよくご存じかと思います。

 咳やくしゃみに伴う飛沫やエアロゾルの飛散(空気中での動き)を検証したり、マスクやフェイスシールドの着用、あるいはソーシャルディスタンスの有効性を評価したりするもの。さらには、オフィスや教室、病院、通勤電車、会食(食事の席)といった特定空間における飛沫感染リスクを検証するものなど、個人として、集団としてどのような対策ができるのかを、こうしたシミュレーション結果を通じて考える機会が増えたかと思います。

 このようなシミュレーション技術を活用した取り組みは、これから先、withコロナ/ニューノーマルの時代における“日常生活の再開”にとっても重要な指標、あるいは安全性を示すためのエビデンスとなるはずです。

オフィス活動の再開に向けた安全性の検証はバーチャル空間で!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.