ニュース
» 2021年01月21日 15時00分 公開

ワクチンや血液を効率的に輸送できる、医薬品向け定温輸送容器セット発売医療機器ニュース

シャープは、スギヤマゲンと共同開発した、医薬品向け「定温輸送容器セット」を発売した。ワクチンや細胞、血液などを適切な温度で管理できるセットで、スギヤマゲンが販売する。

[MONOist]

 シャープは2021年1月5日、スギヤマゲンと共同開発した、医薬品向け「定温輸送容器セット」を発売した。ワクチンや細胞、血液などを適切な温度で管理できるセットで、スギヤマゲンが販売する。

キャプション 「定温輸送容器セット」と「3℃適温蓄冷材」(クリックで拡大) 出典:シャープ

 医薬品を輸送する際、ワクチンや細胞などは2〜8℃、血液は2〜6℃の範囲内での温度管理が必要となる。また、外気温に合わせ、季節ごとに保冷設定や蓄冷剤の組み合わせを変更する必要があった。

 同セットは、シャープが液晶材料研究で培った技術から開発した「3℃適温蓄冷剤」と、スギヤマゲンの温度設計技術を組み合わせている。

 3℃適温蓄冷剤は、3℃で融けて固体から液体に変化する。その際、周囲の熱を吸収することで周囲の空気や接触している対象物を特定温度に保持するため、保冷温度の設定や蓄冷剤の組み合わせ変更が必要ない。

 また、3℃適温蓄冷剤を凍結庫から取り出してすぐに容器にセットできる。一般的な定温輸送容器用の蓄冷剤のように、適切な温度に上昇するまで1〜2時間の待機時間がない。そのため、年間を通して同一運用できる。

 シャープは、健康、医療、介護事業への取り組みを本格化しており、今回の協業により、医薬品の定温物流分野へ新規参入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.