ニュース
» 2021年01月22日 10時00分 公開

後付けでタッチレス機器に変更可能、空中に画像を表示するホロタッチパネル組み込み開発ニュース

大日本印刷は、ATMなど入力端末に後付け可能な「DNP非接触ホロタッチパネル」を開発した。リップマンホログラムを利用して操作ボタンなどを空中に表示し、センサーで指を検知することで端末をタッチレス操作する。

[MONOist]

 大日本印刷は2021年1月6日、ATMなどの入力端末に後付け可能な「DNP非接触ホロタッチパネル(ホロタッチ)」を開発したと発表した。リップマンホログラムを利用して操作ボタンなどを空中に表示し、センサーで指の位置を検知することで端末のタッチレス操作ができる。

キャプション 空中に画像を表示できる「DNP非接触ホロタッチパネル」(クリックで拡大) 出典:大日本印刷

 ホロタッチは、操作ボタンなどを描画したホログラムフィルムに一定の角度から点光源を当てることで、空中に画像を浮かび上がらせ、赤外線センサーなどで指の空中位置を検出するシステム。ホログラムフィルムとセンサーのみの構成で、既存の端末も後からタッチレス機器に変えられる。浮遊距離は約50mmまで調整可能だ。

キャプション システム構成 出典:大日本印刷

 ホログラムフィルムの厚さは0.1〜0.2mm、最大A4判(210×297mm)程度まで対応する。点光源はLEDなどでよく、プロジェクターなどの投影装置は不要だ。

 通常、空中の一定の位置で指を止める動作は難しいが、ホロタッチでは触れるべき画像が目視できるので、指操作が容易となる。画像はテンキー、矢印キー、決定キー、キャンセルキーなど汎用的な入力ボタンを推奨している。

 銀行のATMや店舗のレジ、券売機など、非接触が求められる場面での利用を見込む。2021年度の製品化を予定し、2022年度には関連サービスも含めて売上30億円を目指す。

キャプション 既存機器への設置イメージ 出典:大日本印刷

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.