ニュース
» 2021年01月22日 11時00分 公開

工作機械で「つながる」を実現、オープン通信プロトコル対応デバイスを標準搭載へFAニュース

DMG森精機は、工作機械のネットワーク接続で使用されているさまざまなオープン通信プロトコルに対応する「IoTconnector」の工作機械への標準搭載を開始した。通信専用のPC機能を持ったデバイスとなる。

[MONOist]

 DMG森精機は2020年12月23日、通信専用のPC機能を持ったデバイス「IoTconnector」を開発し、同社の工作機械に標準搭載を開始した。工作機械のネットワーク接続で使用される、さまざまなオープン通信プロトコルに対応する。

キャプション 通信専用のPC機能を持つ「IoTconnector」(クリックで拡大) 出典:DMG森精機

 IoTconnectorは、データ接続用ソフトウェアMDCを搭載し、MTConnectやOPC UA、MQTTなどオープンな通信プロトコルに対応。同社の工作機械と他社製品を含めたIoT(モノのインターネット)システムとのネットワーク接続が可能だ。これにより、工作機械本体のネットワーク性能およびセキュリティ機能が向上する。

 オンラインサポート「NETservice4.0」により、同社の修理、復旧センターと接続し、遠隔で機械トラブルを解決できる。オプションの「SERVICEcamera」による動画でのサポートにも対応する。

 オンラインアップデート「DEVICE MANAGEMENT」は、最新のセキュリティアップデートをオンラインで実施。新しいソフトウェアやアプリケーションをオンラインで提供する。

 搭載対象制御装置は、CELOS搭載機「MAPPSV」「MAPPS IVS」「Siemens 840D SL Operate」「Heidenhain TNC 640」およびSiemens「840D SL Operate」「840D SL1」、Heidenhain「iTNC 530 HSCI」「iTNC 5302」「TNC 620」「TNC 640」、FANUC「30i B」「31i B」「31i B5」「0i TF」「32i」となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.