ニュース
» 2021年01月26日 10時00分 公開

RTK-GNSSを利用し、ドローンが自動でピンポイント着陸できるシステムを開発ドローン

アトラックラボは、ドローンが自動でピンポイント着陸できる「ATランディングシステム」を開発した。小型の着陸ベースボックス内のRTK-GNSS基地局を利用し、RTK FIXで十数cmの着地精度としている。

[MONOist]

 アトラックラボは2021年1月5日、ドローンが自動でピンポイント着陸できる「ATランディングシステム」を開発したと発表した。RTK(Real Time Kinematic)-GNSSを利用し、RTK FIXで十数cmの着地精度としている。

 ATランディングシステムは、機体側のRTK-GNSS受信機、専用通信モジュール、小型の着陸ベースボックスで構成する。着陸ベースボックス内のRTK-GNSS基地局とコンパスから着陸位置を算出するため、着陸地点にマーカーは不要。着陸ベースボックスを地上に置くだけで、ボックスに描かれた矢印の先にドローンが自動で着陸する。例として、矢印の5m先の目標に着陸する様子を公開している。

キャプション 着陸ベースボックスと着陸したドローン(クリックで拡大) 出典:アトラックラボ

 ドローンが着陸地点に近づくと、基地局からGNSSの補正情報をドローンへ送信する。ドローンと着陸ベースボックス間は短距離通信となるため、特別な無線免許も不要で、PCによるRTKの補正も不要だ。

 現在はArdupilotのCube用だが、他のシステムへのカスタマイズにも対応可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.