ニュース
» 2021年01月27日 15時00分 公開

医療機関での新型コロナ対策を支援する、遠隔モニタリングパッケージ医療機器ニュース

キヤノンマーケティングジャパンは、ネットワークカメラの映像を活用した「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を発表した。医療機関における、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止をサポートする。

[MONOist]

 キヤノンマーケティングジャパンは2021年1月7日、ネットワークカメラの映像を活用した「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を同月中旬より提供開始すると発表した。「感染病棟・病床遠隔モニタリングパッケージ」「待合室混雑状況配信パッケージ」「濃厚接触者早期特定パッケージ」の3種を用意し、医療機関における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を支援する。

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

 感染病棟・病床遠隔モニタリングパッケージでは、病棟や病室における新型コロナウイルス感染症患者の容態を映像でモニタリングする。バイタルモニターなど医療機器の状態も遠隔で監視し、患者との接触を最小限に抑える。常設タイプと可搬タイプの2種があり、主に中大規模病院や仮設病床での利用を想定している。

キャプション 感染病棟、病床遠隔モニタリングのイメージ(クリックで拡大) 出典:キヤノンマーケティングジャパン
キャプション 「感染病棟遠隔モニタリングパッケージ」可搬タイプ例(クリックで拡大) 出典:キヤノンマーケティングジャパン

 待合室混雑状況配信パッケージは、主に小規模病院や診療所を対象とし、来院患者に対して受付や待合室の状況をリアルタイムで配信する。来院患者が自分のパソコンやスマートフォンなどで混雑状況を確認してから来院できるため、混雑を防ぎ、患者の安心にもつながる。

キャプション 待合室混雑状況の配信イメージ(クリックで拡大) 出典:キヤノンマーケティングジャパン
キャプション 「待合室混雑状況配信パッケージ」例(クリックで拡大) 出典:キヤノンマーケティングジャパン

 濃厚接触者早期特定パッケージでは、院内で患者が確認された場合に、病棟内に複数設置されたカメラ映像から感染患者を素早く抽出し、濃厚接触者を特定する。感染拡大を防ぐことを目的としており、大規模病院での利用を想定する。

キャプション 濃厚接触者早期特定イメージ(クリックで拡大) 出典:キヤノンマーケティングジャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.