ニュース
» 2021年01月28日 13時00分 公開

SLAに近い造形精度を実現、FDM方式3Dプリンタ用精密ノズル3Dプリンタニュース

テクダイヤは、3Dプリンタ用の精密ノズル「kaika」の一般販売をオンラインショップで開始した。熱溶解積層方式で光造形方式に近づく精度を可能にした。

[MONOist]

 テクダイヤは2021年1月12日、3Dプリンタ用の精密ノズル「kaika(かいか)」の一般販売をオンラインショップで開始した。熱溶解積層(FDM)方式で光造形(SLA)方式に近づく精度を可能にした。価格は単品で4000円から、パック売りで1万9500円からとなる。

3Dプリンタ用精密ノズル「kaika」 3Dプリンタ用精密ノズル「kaika」(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ

 内部形状に段差のないテーパー形状を採用し、フィラメントのスムーズな押し出しに対応する。接合部のC面排除により、装置側スロートとの不要な隙間をなくし、フィラメントの蓄積や滞留を予防する。

内部形状 内部形状(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ
接合部のC面排除(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ

 ノズル先端部の内外径差の端面面積をベスト値に設定しており、細部への吐出と同時にアイロニングに適した外形寸法とした。ノズル内部は、加工中に生じる傷や凸凹を研磨し、表面の粗さを抑えて材料の流動性を高め、狙い通りの印刷を可能にした。

ノズル先端部の内外径 ノズル先端部の内外径(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ
ノズル断面での先端部の比較 ノズル断面での先端部の比較(クリックで拡大) 出典:テクダイヤ

 また、シリアル番号を全てのノズルに刻印。異常時の検知と改良に役立てることができる。外径斜面120度の「kaika6」シリーズ、外径斜面80度の「kaika7」「kaika8」シリーズを展開し、それぞれ穴径0.1mmおよび0.4mmを用意する。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.