ニュース
» 2021年02月02日 09時00分 公開

1台の3Dセンサーでトラックの積載容積率を自動計測する技術を開発製造ITニュース

NEC通信システムは、3Dセンサーを活用し、トラックのコンテナ内部の積載容積率を自動計測する技術を開発した。1台の3Dセンサーで、効率的に積載容積率を可視化できる。

[MONOist]

 NEC通信システムは2021年1月13日、3Dセンサーを活用し、トラックのコンテナ内部の積載容積率を自動計測する技術を開発したと発表した。1台の3Dセンサーで効率的に積載容積率を可視化する技術で、2021年度中の製品化を目指す。

 3Dセンサーをバースや倉庫内、トラック、航空機、船舶などのコンテナ内部に設置し、対象物の3D深度(距離)情報を取得する。これにより、積載量を容積率として可視化する。

キャプション 積載容積率可視化のイメージ 出典:NEC通信システム

 3Dセンサーを活用することで、十分な明るさがなくても高精度に測定できる。トラックなどのコンテナ内の積載容積率を可視化することで、各トラックの積載率を高め、輸送効率の向上に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.