ニュース
» 2021年02月03日 07時00分 公開

機械メーカーのグローバル展開を支援、米国産業用制御盤規格「UL508A」認証登録FAニュース

IDECファクトリーソリューションズは、米国の産業用制御盤規格「UL 508A」の認証メーカーとして登録を完了した。登録により、制御盤に「UL 508A Listed」ラベルを貼付できるようになり、電気的要求事項への指摘リスクを大きく減らせる。

[MONOist]

 IDECは2021年1月12日、グループ会社のIDECファクトリーソリューションズが米国の産業用制御盤規格「UL 508A」の認証メーカーとして登録を完了したと発表した。登録は2020年8月に終え、同年11月から認証製品を出荷している。

 認証メーカー登録したことで、IDECファクトリーソリューションズが設計、製造する制御盤に、自社で「UL 508A Listed」ラベルを貼付できるようになる。

 認証ラベルが貼られた制御盤は、その製品が安全である証を前面に表示できるため、米国市場で装置を流通させる際、装置稼働前の制御盤への検査項目が大幅に減免され、電気的要求事項への指摘リスクが減る。指摘が減ることにより、要求に適合するための改造に必要な金銭的、時間的コストも削減できる。

キャプション 製品に貼付された認証ラベル 出典:IDEC 

 機械装置メーカーが、製品をグローバルに展開する際には、規格への適合が課題となる。特に米国市場向けの機械装置は、短絡火災が起きないよう大きな短絡電流値にも耐えられる電気設計を要求されるため、日本の機械装置メーカーの多くが対応に苦慮しているという。IDECファクトリーソリューションズは、北米、欧州をはじめとする世界市場向けの機械装置について、安全要求に関するコンサルティングや技術サポートも提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.