デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2021年02月04日 13時00分 公開

SOLIDWORKSとの連携機能を強化した照明設計解析ソフトウェアCAEニュース

サイバネットシステムは、3D CADソフトウェア「SOLIDWORKS」との連携機能を強化した、照明設計解析ソフトウェア「LightTools 9.1」の提供を開始した。光学系と機械系を連携させた設計、解析を効率化する。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2021年1月21日、3D CADソフトウェア「SOLIDWORKS」との連携機能を強化した、照明設計解析ソフトウェア「LightTools(ライトツールズ) 9.1」の提供を開始した。開発元はSynopsysで、サイバネットが国内の販売、サポートを手掛ける。

 LightToolsは、LED照明、液晶ディスプレイ用バックライト、LiDARなどの赤外線を用いたセンサー光学系、自動車の室内照明などの照明光学系の設計、解析用ソフトウェア。試作前の設計支援、試作後の詳細解析、実機との比較検証など、幅広い用途で利用されている。

「SOLIDWORKS」内で光学特性の割り当てが可能に 「SOLIDWORKS」内で光学特性の割り当てが可能に 出典:サイバネットシステム

 最新版のLightTools 9.1は、SOLIDWORKSとの連携機能を強化。SOLIDWORKS内で、光学設計に必要となる物体表面の光学特性の割り当てが可能となった。また、SOLIDWORKSで設定したコンフィギュレーションをLightToolsでも利用可能になるなど、光学系と機械系を連携させた設計、解析を効率的に実施できる。


「LightTools」内で「SOLIDWORKS」のコンフィギュレーションの割り当てが可能に 「LightTools」内で「SOLIDWORKS」のコンフィギュレーションの割り当てが可能に 出典:サイバネットシステム

 また、新機能として、「光路長メッシュ」を追加した。光路長の算出が容易になるため、これまで難しかったLiDARなどのセンシングデバイスの検知可能距離や光の伝搬時間について詳細なシミュレーションが実施できる。

「光路長メッシュ」によるLiDAR解析例 「光路長メッシュ」によるLiDAR解析例 出典:サイバネットシステム

 ガウス、スーパーガウスの強度分布を持つ光源のモデリングも可能になった。二軸性材質を新たにサポートすることで、雲母やトパーズなどの複屈折材料のモデリングにも対応し、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)デバイスなど、偏光素子を利用したデバイスの解析精度向上につながる。

 分散シミュレーション機能も強化。分散シミュレーションモジュール(DSIMモジュール)により複数のコンピュータに計算を分散させることで、光線追跡シミュレーションの計算速度を向上できる。逆方向シミュレーションにも対応しており、輝度解析や迷光解析時間を短縮できる。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.