ニュース
» 2021年02月04日 09時00分 公開

ステンレス製筐体採用のタッチスクリーン一体型ファンレス産業用PCを発売FAニュース

コンテックは、ステンレス製筐体を採用した、タッチスクリーン一体型ファンレス産業用PC「パネルコンピュータ CA-RU150」を発売した。IntelのCeleron 3965U CPUを搭載する。

[MONOist]

 コンテックは2021年1月14日、タッチスクリーン一体型ファンレス産業用PC「パネルコンピュータ CA-RU150」を発売した。強度が強くてさびにくく、衛生的な環境で求められるシステムや装置への組み込みに適している。価格はオープン。

 CA-RU150は、15インチサイズで、日本語、英語、中国語、韓国語のWindows 10 IoT Enterpriseに対応したIntelのCeleron 3965U(Kaby Lake-U SoC)プロセッサを搭載し、ファンレス駆動となっている。

キャプション 「CA-RU150」のフロント部 出典:コンテック
キャプション 「CA-RU150」の底面部 出典:コンテック

 筐体フロント部には、高気密性のステンレススチール「SUS304」を採用し、防塵、防滴IP65規格に準拠している。

 また、5線式抵抗膜方式のタッチパネルディスプレイを採用。1000BASE-T、USB3.2 Gen1(USB3.0)、HDMI、DisplayPort、シリアルなど豊富な拡張インタフェースを搭載するほか、Mini PCI Expressバスも2スロット搭載。長寿命タッチパネルとLEDバックライトで省電力化している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.