ニュース
» 2021年02月04日 11時00分 公開

国内第3のプラットフォーム市場予測、2024年に21兆円規模に製造ITニュース

IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2020〜2024年の予測結果を発表した。2024年に同市場は21兆1202億円となり、2019〜2024年の年間平均成長率5.7%で成長すると予測する。

[MONOist]

 IDC Japanは2021年1月19日、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、通信サービスを含む国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2020〜2024年の予測結果を発表した。

 第3のプラットフォームとは、IDCが提唱する「モバイル」「ビッグデータ」「クラウド」「ソーシャル」の4つの要素で構成される情報基盤を指す。同調査によると、2020年の同市場の規模は、前年比成長率マイナス0.1%の15兆9829億円になると見込まれる。

キャプション 国内第3のプラットフォーム市場における2019〜2024年の支出額予測出典:IDC Japan

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が同市場の成長にとって大きなマイナス要因となったが、2021年は経済活動の回復に伴い、前年比成長率7.4%のプラス成長に転じると予測。2024年には21兆1202億円となり、2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR)5.7%で成長すると予測する。

 企業分野や非企業分野、消費者分野の分野別で見ると、中長期的には企業分野がCAGR8.6%で同市場の成長をけん引するが、2020年の単年で見ると中央官庁や地方自治体、教育などの非企業分野の成長率が最も高くなる。

 2020年の産業別では、医療や中央官庁、地方自治体の成長率が高く、反対に個人向けサービスや卸売、運輸での成長率が低くなる。新型コロナウイルス感染症拡大のマイナス影響を受けやすいか否かが、成長率に影響を与えていると考えられる。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、製造業での製造や調達、研究開発部門など、これまで困難とされてきた部門でも、リモート業務が実施できるような手段を検討する事業者が出てきている。今後、いわゆるポストコロナの環境下で、事業継続視点によるデジタル活用が進むと同社は見ている。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.