ニュース
» 2021年02月09日 09時00分 公開

機器の位置情報と状態をリアルタイム管理できるプラットフォームを提供開始製造ITニュース

日本システムウエアは、車両や情報機器の位置情報と状態をリアルタイムに管理できる「NSW-MaaSプラットフォーム」の提供を開始した。運行管理サービス、宅配サービス、産業機械の稼働状況管理サービスなどで活用できる。

[MONOist]

 日本システムウエアは2021年1月20日、車両や情報機器の位置情報と状態をリアルタイムに地図上で管理する「NSW-MaaS(Mobility as a Service)プラットフォーム」の提供を開始した。

 同プラットフォームは、移動体の位置情報を利用することで、車両の運行管理、人物の移動軌跡、場所特定、モニタリングなどの各種業務、サービスのデジタルトランスフォーメーションを支援するクラウドソリューションだ。

 車両をはじめスマートフォンやタブレット、ハンディターミナル、ヘッドマウントディスプレイ、産業機器といった位置情報が取得可能なモビリティ機器で利用できる。同社の標準アプリケーションやWeb APIによって、位置情報に加えて任意のステータスや属性情報も併せて収集できるのが特徴だ。車両や端末の動態、運行管理サービス、宅配サービス、産業機械の稼働状況管理サービスなどで活用できる。

キャプション 「NSW-MaaSプラットフォーム」で可能になるサービスのイメージ(クリックで拡大) 出典:日本システムウエア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.