VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年02月15日 13時00分 公開

AR技術の導入により、建設業務のDXを支援VRニュース

PTCジャパンは、ARプラットフォーム「Vuforia Studio」を飛島建設の建設業務に導入し、DXを支援する。Vuforia Studioを活用して、設計業務と施工現場をリアルタイムに連携し、建設業務の効率化と高度化を図る。

[MONOist]

 PTCジャパン(PTC)は2021年1月28日、同社AR(拡張現実)技術「Vuforia Studio」を飛島建設の建設業務に導入し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を支援すると発表した。

 飛島建設は、情報共有やコミュニケーションに多機能ハンズフリーシステムを活用したり、ヒューマンエラーをモニタリングするAI(人工知能)システムを採用したりするなど、建設現場のデジタル化に積極的に取り組んでいる。

 PTCのVuforia Studioは、IoT(モノのインターネット)プラットフォームと連動して、多機能なARコンテンツをスピーディーに作成し、リアルタイムに配信できるARプラットフォームだ。PTCと飛島建設はVuforia Studioを用いて、3D建築物を構築するBIM(Building Information Modeling)データを有効活用する。さらに、設計業務と施工現場をリアルタイムに連携し、最新データを共有することで迅速な修正、変更が可能になるため、建設業務の効率化と高度化が図れる。

 Vuforia Studioの採用により、例えばARやMR(複合現実)を利用して、建造物の3Dデータを現地や会議室で鮮明に映し出すなど、顧客とのコミュニケーションに活用できる。また、施工時に設計データと合っているかや、建物の外観内観イメージ照合など細かい点まで確認できるため、作業効率や品質の向上に役立つ。

 両社は今後、さらにARやMRの技術を拡張し、IoTセンサーや業務システムとの統合、収集データの解析を実施するなど、DXに関して継続的にコラボレーションしていく。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.