ニュース
» 2021年02月15日 07時00分 公開

工作機械の遠隔保守を支援する、数値制御装置向けサービスを北米地域に拡大FAニュース

三菱電機は、IoT技術により工作機械の遠隔保守を支援する「iQ Care Remote4U」の数値制御装置向けサービス地域を北米地域へ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。

[MONOist]

 三菱電機は2021年2月1日、工作機械を対象としたリモートサービス「iQ Care Remote4U(アイキューケアリモートフォーユー)」の数値制御装置(CNC)向けサービス地域をアメリカ、カナダへ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。

 iQ Care Remote4Uは、同社のFA統合ソリューション「e-F@ctory(イーファクトリー)」の1つ。IoT(モノのインターネット)技術を活用して、工作機械の遠隔保守を支援する。

 工作機械メーカー、機械ディーラー向けの「iQ Care Remote4Uプラットフォームライセンス」、CNCユーザー向けの「iQ Care Remote4Uユーザーライセンス」、iQ Care Remote4Uプラットフォーム接続専用ユニットとなる「リモートサービスゲートウェイユニット」を用意する。

キャプション 北米向けリモートサービス「iQ Care Remote4U」のシステム構成(クリックで拡大) 出典:三菱電機

 クラウド上のプラットフォームを提供するため、リモートサービス体制を容易かつ低コストで構築でき、日本、北米地域に拠点がある工作機械メーカー、機械ディーラーから北米地域に設置されている工作機械を遠隔で診断できる。また、同社の北米サービスセンターから、同地域に設置されている工作機械のCNCを遠隔で診断する。

 遠隔地から工作機械に搭載されたCNCのアラーム履歴やパラメーターなどを診断、分析できるため、早期に異常原因を検出できる。また、PC、スマートフォン、タブレット端末のWebブラウザ上で工作機械ごとの稼働率、消費電力などを容易に確認でき、生産プロセスの改善や、ランニングコストの低減に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.