ニュース
» 2021年02月15日 06時00分 公開

ヤマハ発動機が本社周辺の生産拠点を再配置、浜北工場は閉鎖へ製造マネジメントニュース

ヤマハ発動機は2021年2月12日、本社周辺の生産拠点の集約計画について発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ヤマハ発動機は2021年2月12日、本社周辺の生産拠点の集約計画について発表した。本社周辺に6カ所ある二輪車とマリンエンジンの生産拠点は5カ所となる。

 浜北工場(浜松市)と中瀬工場(同)の二輪車生産機能を磐田本社工場(磐田市)に集約する。2022年から開始し、2024年中に完了させる。これにより、二輪車やマリンエンジン製品に関わる鉄物部品加工を磐田本社工場と周辺工場に、中瀬工場の二輪車部品の樹脂塗装を磐田本社工場に移管する。浜北工場は移管完了後に閉鎖、売却を予定している。

本社工場周辺に生産工程を集約する(クリックして拡大) 出典:ヤマハ発動機

 生産工程の集約や再配置により、生産ラインの汎用化と自動化を進め、市場変化への対応を強めるとともに、多品種生産への対応を強化する。また、本社工場周辺に生産工程を集約することによって物理的なリードタイムを低減し、試乗への商品供給リードタイムを短縮する。生産活動全体の効率向上も図る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.