ニュース
» 2021年02月18日 15時00分 公開

ロボットによる完全自動化のPCR検査サービス事業を開始医療機器ニュース

川崎重工業は、ロボットによる全自動PCR検査システムを藤田医科大学構内に設置し、「川崎重工業株式会社 藤田医科大学内PCR検査センター」としてPCR検査サービス事業を開始する。

[MONOist]

 川崎重工業は2021年2月4日、同社のロボットを活用した全自動PCR検査システムを藤田医科大学構内に設置したと発表した。医療との連携を含めたシステムの有効性を実証するとともに、衛生研究所の登録を進める。登録が完了次第、「川崎重工業株式会社 藤田医科大学内PCR検査センター」として、PCR検査サービス事業を開始する。

キャプション 自動PCR検査システム全景 出典:川崎重工業

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

 同システムは、医療従事者の感染リスクを抑えつつ、PCR検査能力の拡大、強化を図るため、メディカロイド、シスメックスと共同で開発。ロボットを活用し、PCR検査の全行程を無人化および自動化することで、80分以内での検査を可能にした。1日に16時間稼働した場合、最大2500検体の検査に対応する。

 藤田医科大学で採取したPCR検体を同システムでPCR検査し、その結果から最終的に藤田医科大学で判定する。藤田医科大学では、2020年12月から1日当たり最大1500検体のPCR検査を実施しているが、同システムの本格稼働時には1日最大2500件の検査が追加で可能となり、最大4000検体まで拡充できる見込みだ。

キャプション システム内部 出典:川崎重工業

 システム本体は12.2×2.5×2.9mで、コンテナとして移動にも対応する。川崎重工業では、イベントなどでの活用、空港などへの導入も視野に入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.