ニュース
» 2021年02月19日 09時00分 公開

ローカル5Gの実証やソリューション開発を目的とした協創フィールドを開設製造ITニュース

シャープは、ローカル5Gを活用して新たなソリューションを協創する場「SHARP Local 5G Trial Field」を2021年2月中旬に開設する。幕張事業所と広島事業所内に協創フィールド設け、実証や検証、新ソリューション開発などに取り組む。

[MONOist]

 シャープは2021年2月3日、ローカル5Gを活用して新たなソリューションを協創する場「SHARP Local 5G Trial Field」を同月中旬に開設すると発表した。同社の幕張事業所(千葉県千葉市)と広島事業所(広島県東広島市)内に設置する。

 同社は、スマートフォンやルーターなど、5Gおよびローカル5G対応機器の開発で培ったノウハウを生かし、2021年度中にローカル5Gネットワーク関連事業への本格参入を目指している。現在、Sub6(4.6〜4.9GHz)の周波数帯を利用したSA(Stand Alone)方式対応のローカル5G無線基地局やコア装置の開発に取り組んでいる。

 2020年12月には、幕張事業所と広島事業所で、ローカル5Gの実験試験局の免許を総務省より取得。今回開設する協創フィールドには、開発中の上記システムによるネットワークを構築している。

 今後、ディストリビューターやシステムインテグレーター、機器メーカーなどのパートナー企業を募集し、同社のローカル5Gネットワークと組み合わせた、さまざまな実証、検証を実施する。同時に、業務効率化などに寄与する新たなソリューションの開発に取り組む。

 また、幕張事業所のフィールドでは、超高精細8K映像の伝送、モバイルエッジコンピューティングによる遠隔支援などのデモ環境を用意。導入検討企業のシステムとの接続検証に役立てていく。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.