ニュース
» 2021年02月19日 06時00分 公開

ホンダ新型「ヴェゼル」が4月に全面改良、実用性プラスαの体験価値を提供車両デザイン

ホンダは2021年2月18日、同年4月に正式発表して発売する「VEZEL(ヴェゼル)」の新モデルを世界初公開した。今回発表したのはフルモデルチェンジで全面刷新する内外装のデザインや、搭載予定の運転支援システムとコネクテッドサービスに関する情報だ。諸元値や価格については公表されていない。

[齊藤由希,MONOist]
新型ヴェゼルを世界初公開した(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダは2021年2月18日、同年4月に正式発表して発売する「VEZEL(ヴェゼル)」の新モデルを世界初公開した。

 今回発表したのはフルモデルチェンジで全面刷新する内外装のデザインや、搭載予定の運転支援システムとコネクテッドサービスに関する情報だ。諸元値や価格については公表されていない。

 新型ヴェゼルは、日常生活の質の向上を重視し、新しいものに対してオープンなアクティブな人々に向けて、実用性プラスアルファの体験価値を提供することをコンセプトに開発した。信頼と美しさ、気軽な楽しさを提供するとしている。

新型ヴェゼルの外観(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 パワートレインは、排気量1.5l(リットル)のガソリンエンジン「DOHC i-VTEC」とCVTを組み合わせたモデルの他、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を展開する。どちらも4WDが選択できる。

 コネクテッドサービス「ホンダコネクト」は、ホンダ初の機能として、ナビゲーションシステムの地図情報を自動更新するサービスを搭載する。この他にも、スマートフォンをクルマのカギとして使用できるデジタルキーや、インフォテインメントシステム向けのアプリを提供する「アプリセンター」、車内Wi-Fiなどに対応する。

新型ヴェゼルのインテリア(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 運転支援システム「ホンダセンシング」には、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用し、先代モデルから機能を充実させた。アダプティブクルーズコントロール(ACC)は渋滞時の追従機能付きとなる。自動ブレーキや路外逸脱抑制、標識認識、車線維持支援など各機能も進化したとしている。さらに、後方誤発進抑制、近距離自動ブレーキ、オートハイビームなどの機能も追加する。

 パッケージングでは、先代モデルのセンタータンクレイアウトを踏襲。コンパクトSUVのクラス平均を超える広さと居住性を生み出したという。コンパクトなボディーサイズやさまざまなシートアレンジを維持しながら、力強さや美しさのあるプロポーションに進化させたとしている。

新型ヴェゼルのパッケージング(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 エクステリアはクーペのようなプロポーションと視界を両立する「スリーク&ロングキャビン」を採用するとともに、水平基調のデザインとした。フロントグリルはボディーとの一体感を持たせるため同色だ。リアゲートの開口部やハンドルの位置は、造形の中に自然に組み込まれることを意識した。インテリアは、塊感のあるソリッドなフォルムを重視した一方で、身体に触れる部分は触感と形状で柔らかさを持たせた。また、視線移動の軽減や、動線に沿った操作類を配置したことで、「ユーザーの美しい所作につなげる骨格を作った」(ホンダ)としている。

パノラマルーフを採用した(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 デザインは標準タイプとハイブリッドモデル向けの「PLaY」を用意した。標準タイプはシンプルでオーセンティックであることにこだわった。PLaYはアクティブさや遊び心のあるコーディネートで、2トーンのエクステリアカラーや、トリコロールの加飾を用意した。

→その他の「車両デザイン」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.