「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年02月19日 15時00分 公開

VWとマイクロソフトが自動運転開発でも協業、コネクテッドカー基盤との連携も車載ソフトウェア

フォルクスワーゲン(VW)は2021年2月11日(現地時間)、グループ会社のCar.Software Organisationが自動運転機能の開発でマイクロソフト(Microsoft)との協業を強化すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 フォルクスワーゲン(VW)は2021年2月11日(現地時間)、グループ会社のCar.Software Organisationが自動運転機能の開発でマイクロソフト(Microsoft)との協業を強化すると発表した。

 VWとマイクロソフトは2018年から協業しており、マイクロソフトのクラウド「Azure」を用いたコネクテッドカー向けのサービス基盤「VWオートモーティブクラウド」の構築を進めている。今回は、自動運転システムの開発効率化でAzureを活用することをアナウンスした。

 Car.Software Organisationとマイクロソフトは、自動運転システムの開発をスピードアップするため、「Automated Driving Platform(ADP)」を構築。単一のスケーラブルなデータベースエンジニアリング環境を通じて、開発の簡素化を図る。実際の交通データとシミュレーションのデータを、1つの中央データベースを通じて活用できるようにし、膨大なデータを効率的に管理する。これにより、開発サイクルを数カ月単位から数週間単位まで短縮するとしている。

自動運転開発でも協力していく(クリックして拡大) 出典:VW

 自動運転システムの開発では、機能のトレーニングやシミュレーション、検証において、走行環境やドライバーの行動、交通状況や障害物などペタバイト単位のデータを管理する必要がある。また、バーチャルやリアルワールドで数十億kmに及ぶ走行テストも求められる。VWはAzureのデータ処理能力や計算性能、人工知能(AI)を活用し、安全で信頼性の高い自動運転ソリューションを開発していく。

 VWグループでは、2025年までにデジタル化へ250億ユーロ(約3兆2000億円)を投資し、自社開発する車載ソフトウェアの比率を現状の10%から60%に引き上げる計画だ。

 VWオートモーティブクラウドでは、Azureエッジサービスを利用して車両とクラウドでのデータ交換を実現した。これにより、VWは車両のハードウェアに触ることなく車両のアップデートや新機能の追加を行うことが可能だ。この機能を搭載したテスト車両が2021年内に実走行を開始し、製品では2022年に実用化する。

 Car.Software Organisationでは、VWオートモーティブクラウドと開発環境ADPの統合を進め、開発チームからユーザーまで利便性を強化する。グループ全体の車両で、ADPで開発した自動運転や先進運転支援システム(ADAS)のテストから展開、運用までできるようにしていく。

→その他の「車載ソフトウェア」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.