ニュース
» 2021年02月22日 13時00分 公開

データ処理の高速化とモデル表示機能を高機能化した類似形状検索システムメカ設計ニュース

スマートスケープは、新機能を追加した類似形状検索システム「SS4M」を発表した。データ処理の高速化やモデル表示機能の高機能化により、作業時間の短縮やコスト削減に貢献する。

[MONOist]

 スマートスケープは2021年2月9日、新機能を追加した類似形状検索システム「SS4M」の提供を開始した。サーバ上のデータベースにログインして利用でき、接続端末数に制限はない。

 SS4Mは、ML(機械学習)を活用し、データベース内に蓄積された3D CADデータ群から形状が似ているモデルを検索できるツール。検索モデルを3D表示し、属性情報などを確認することで、設計、製造、購買、見積などの業務の生産性を向上できる。

「SS4M」の使用画面イメージ 「SS4M」の使用画面イメージ 出典:スマートスケープ

 データ処理を高速化した新版は、データベース登録時に学習用データ作成のためのCADデータ変換時間を、従来の半分以下に短縮。平均して、1MB程度のデータを1秒以内に変換できる。データ変換時に属性情報の読み込みができ、CADデータ内のプロパティ情報を自動的にSS4M内に取り込める。また、CADデータ内に入っていない価格、加工先といった属性情報も、CSV形式で用意すれば自動で取り込める。

 これまでは、SS4M上で検索した部品の寸法を確認する場合、CADや専用のビュワーを起動する必要があり、手間やコストがかかっていた。モデル表示機能が高機能化した新版は、SS4Mのブラウザ上でCAD精度の計測が可能で、時間の削減や専用ビュワーのライセンス面でのコスト削減につながる。

SS4Mのブラウザ上で計測が可能に SS4Mのブラウザ上で計測が可能に 出典:スマートスケープ

 類似形状データベースは過去の3D CADファイル群から自動で作成されるため、3D CADファイルを所定のフォルダにコピーする以外、人手はかからない。10種類以上の3D CADデータに対応可能だ。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.