ニュース
» 2021年02月22日 09時00分 公開

データ活用コンサルや需要予測技術で食品サプライチェーンDXを支援製造ITニュース

ブレインパッドは、同社のデータ活用コンサルティングおよび需要予測技術を用いて、伊藤忠商事と日本アクセスが進めている「食品サプライチェーンDX」を支援する。

[MONOist]

 ブレインパッドは2021年2月2日、同社のデータ活用コンサルティングと需要予測技術を活用し、伊藤忠商事と日本アクセスが進めている「食品サプライチェーンDX」を支援することを発表した。

 伊藤忠商事では、2018年よりDX(デジタルトランスフォーメーション)およびデータ活用事例の創出とそれに向けた基盤、体制構築に着手している。中でも、食品サプライチェーンのDXによる最適化を重要施策として位置付けている。

 その一環として、伊藤忠商事と日本アクセスは、2020年から一部の物流拠点において、小売店の販売データなどを活用した需要予測や発注自動化の実証実験を実施。ブレインパッドでは、これらの取り組みに対し、データ活用コンサルティングと需要予測技術を用いた支援を実施している。

 この実証実験の結果、一定の在庫削減効果と発注業務の効率化が確認されたという。伊藤忠商事では今後、対象となる物流拠点を全国規模へ拡大する予定だ。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.