ニュース
» 2021年02月22日 10時00分 公開

海外法人への5Gソリューション展開を目指し、13社がコンソーシアム「5GEC」設立製造業IoT

富士通、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、AGCなど13社は、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)」の設立に向け、基本合意した。各企業のネットワーク技術や販売網などを生かして、海外に拠点を持つ企業向けに、安定した5Gプライベート網やソリューションなどを提供する。

[MONOist]

 富士通、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、AGCなど13社は2021年2月3日、海外に拠点を持つ法人に、5Gソリューションを提供するための「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC:ファイブジェック)」の設立に向け、基本合意が成立したと発表した。

キャプション 「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」のイメージ 出典:富士通

 5GECに参加するのは、ACTIVIO、AGC、Advanced Wireless Network、EXEO ASIA、富士通、Loxley、Mobile Innovation、NEC、NECネッツエスアイ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ経営研究所、NTTドコモ、NTTブランドのグローバル事業会社であるNTT Limitedの13社。

 5GECでは、参加企業のネットワーク技術や販売網などの強みを生かして、海外に拠点を持つ企業向けに安定したプライベート網を構築する。また、ソリューション提案やシステム導入などの各種サービスもまとめて提供する。

 参加企業の役割は、例えば富士通は、ネットワーク通信機器やソリューションの提供、検証サポートをする。NTTドコモは、5GECプロジェクトの取りまとめを担い、国ごとに異なる周波数やさまざまなベンダーが提供する機器間の接続に対応する。

 今後の取り組みとしては、2021年下半期に、多くの製造業や建設業が拠点を構えるタイでローカル5Gネットワーク構築に向けた実証実験を実施する。2022年にはタイで商用のローカル5Gネットワーク、5Gソリューションの提供を開始する予定だ。その後、アジア太平洋地域を中心に対応地域を拡大するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.