ニュース
» 2021年02月24日 08時00分 公開

保護機能を多数搭載し、繰り返し使用可能な電子ヒューズを発売組み込み開発ニュース

東芝デバイス&ストレージは、繰り返し使用可能な電子ヒューズの新製品「TCKE712BNL」の出荷を開始した。過電流保護など保護機能を多数備え、民生機器、IoT機器、サーバなどの電源ライン回路保護に利用できる。

[MONOist]

 東芝デバイス&ストレージは2021年2月2日、繰り返し使用可能な電子ヒューズ(eFuse IC)として、新たに「TCKE712BNL」を追加した。既に出荷を開始しており、ノートPC、ゲーム機、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)機器、スマートスピーカー、ロボットクリーナー、ネットワークサーバなどの電源ライン回路保護に利用できる。

キャプション 電子ヒューズ「TCKE712BNL」 出典:東芝デバイス&ストレージ

 電源ラインの回路が過電流状態となった時に、物理的に回路を遮断するガラス管ヒューズやチップヒューズなどと異なり、電子ヒューズは繰り返し使用可能で、過電流保護以外にもさまざまな保護機能を備えている。

 新製品のTCKE712BNLは、外付け抵抗で閾値を調整できる過電流および過電圧の保護機能を内蔵し、ユーザーの用途に合わせてさまざまな電源ラインを保護する。また、短絡保護機能、過熱保護機能、異常発生時に外部へ伝達するFLAG信号出力機能なども搭載する。

 OFF時の逆流防止機能を内蔵しており、同ヒューズを複数使用すると、電源ラインを切り替えるマルチプレクサにも応用できる。

 入力動作電圧は4.4〜13.2V、動作出力電流は最大3.65A、オン抵抗は53mΩで、動作温度は−40〜+85℃。3.00×3.00×0.75mmのWSON10パッケージで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.