ニュース
» 2021年03月02日 09時00分 公開

4.7GHz帯スタンドアロン構成のローカル5G無線局免許を初取得製造ITニュース

NECは、拡張周波数帯の4.7GHz帯における、スタンドアロン構成ローカル5G無線局免許を取得した。今後、取得した免許を活用して、自社設備内にSA構成のローカル5Gネットワークを構築していく。

[MONOist]

 NECは2021年2月9日、拡張周波数帯の4.7GHz帯(4.6G〜4.9GHz)における、スタンドアロン(SA)構成ローカル5G無線局免許を取得した。

 総務省では、2020年12月にローカル5Gの周波数帯を拡張する制度を整備。従来の28.2G〜28.3GHzに加え、4.6G〜4.9GHz、28.3G〜29.1GHz無線局の免許申請受付を開始している。

 これを受けて同社では、東京都港区の本社ビル内にある「NEC Future Creation Hub」、神奈川県川崎市の玉川事業場内の「ローカル5Gラボ」における無線局に関して、免許を申請していた。なお、スタンドアロン構成のローカル5G免許取得は、同社が全国初になるという。

 同社は今後、取得した免許を活用して、自社設備内にSA構成のローカル5Gネットワークを構築する。これにより、ローカル5G関連サービスの高度化やデモの実施、顧客企業との共創活動を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.