ニュース
» 2021年03月02日 07時30分 公開

欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業電動化

ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意した。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は2021年3月1日、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意したと発表した。コンソーシアムの正式な設立は2021年5月の予定で、活動に関心のある他のステークホルダーの参加も募っていく方針である。

 同コンソーシアムでは、電動二輪車と小型電動モビリティ向けに、交換式バッテリーシステムの技術仕様を定義するとともに、関連団体、各国、欧州および国際標準規格化団体との緊密な連携により、欧州域内と国際的な共通規格の取得を目指す。

 コンソーシアム創設合意の背景には、パリ協定および欧州域内におけるモビリティの電動化の加速がある。コンソーシアムに加わる4社は「標準化された交換式バッテリーシステムにより、小型電動モビリティの普及および、より持続可能な交換式バッテリーのライフサイクル管理に貢献できると信じている。また、バッテリーの共通化により、航続距離の伸長や充電時間の短縮、インフラコストの低減や車両コストの低価格化が期待できると考えている」(ニュースリリースより抜粋)としている。

 電動二輪車の交換式バッテリーの標準化については、国内でも川崎重工業、スズキ、ホンダ、ヤマハ発動機の4社が参加する「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」が2019年4月から活動を開始している。

 さらに、これら4社が所属する日本自動車工業会 二輪車特別委員会としても、2020年9月から1年間、大阪府や大阪大学の協力によるバッテリー交換式電動二輪車の実証実験を行うことを発表している。

⇒その他の「電動化」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.