ニュース
» 2021年03月05日 07時00分 公開

加工の誤差精度は数%、デジタルツインで工作機械のテストカットFAニュース

DMG森精機は、工作機械のテストカットを仮想的に実施するサービス「デジタルツインテストカット」を開始した。加工工程のシミュレーション、切削状態や面品位の確認、加工条件の最適化をデジタル上で実施できる。

[MONOist]

 DMG森精機は2021年2月16日、工作機械のテストカットを仮想的に実施するサービス「デジタルツインテストカット」を開始したと発表した。「デジタル立ち会い」「デジタルツインショールーム」に続く、同社の最先端デジタルソリューションになる。

 同サービスは、工具、加工素材、治具、工作機械本体の物理特性をデジタル上で構築し、切削加工を再現するテスト加工技術を活用。加工工程のシミュレーション、加工時の切削力や工具振動などの切削状態や面品位の確認、加工条件の最適化をデジタル上で実施できる。

キャプション 実機でのテストカット(クリックで拡大) 出典:DMG森精機
キャプション デジタルツインでのテストカットイメージ(クリックで拡大) 出典:DMG森精機

 静的、動的な特性をデジタルで高精度にモデル化するため、実際の加工との誤差精度は数%以内に収まる。テストカットの依頼から最短2営業日で結果の回答ができ、時間、工具、素材、クーラント、消費電力の大幅な節約が可能になる。

 サービスは専門部署の下、2021年2月1日から提供しており、2021年は5軸、複合加工機のテストカットを中心に実施する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.