コラム
» 2021年03月09日 12時00分 公開

職人が作ったジオラマの中をCGキャラが駆け回る!? 最新スマホRPGに超期待メカ設計メルマガ 編集後記

配信開始が待ち遠しいです。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2021年3月9日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

⇒ 「メルマガ編集後記」のバックナンバーはこちら

 個人的なことで恐縮ですが、Appleへのお布施が止まりません。先日、ついにゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」の利用を開始してしまいました。そう、あのゲームが「近日配信予定」(本コラム執筆時点)になったからです。

 筆者が待ち望んでいるのは、名作RPG「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親として知られるゲームクリエイターの坂口博信氏が率いるミストウォーカーの新作スマホ用RPG「FANTASIAN(ファンタジアン)」です。Apple Arcadeの発表当時から話題になっていた本作ですが、ここに来て「週刊ファミ通」の最新号で表紙を飾り、特集が組まれるなど、筆者の心をぐっとつかんで離しません。

 ゲームに興味のない方からすれば「何もそこまで……」と大げさに思われるかもしれませんが、このFANTASIANというゲームには“アナログ的なモノづくり”の要素が取り入れられているのです。

アナログとデジタルの融合が生み出す、CGだけでは作れない“味わい”

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.