ニュース
» 2021年03月10日 09時00分 公開

村田製作所とACCESS、企業DX支援ソリューション開発で協業製造マネジメントニュース

村田製作所とACCESSは、さまざまな業界でのDXを支援するソリューション開発および市場展開に関して協業し、製造業向けのスマートものづくり支援ツール「JIGlet」を共同開発した。

[MONOist]

 村田製作所は2021年2月19日、さまざまな業界でのDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するソリューション開発および市場展開に関して、ACCESSと協業すると発表した。

 今回の協業の一環として両社は、製造業向けのスマートものづくり支援ツール「JIGlet(ジグレット)」を共同開発し、同日より提供を開始する。各種センサーデバイスからのデータ収集および可視化する仕組みを、専門知識がなくても簡単に構築できるツールだ。

 センサーデバイスは、作業ランプの点灯、消灯を検知する「照度デバイス」、ボタンを押して数をカウントする「ボタンデバイス」、作業時間を記録する「サイコロデバイス」の3種類。さらに、指1本で操作可能なデータ収集と可視化用の画面および通信チャットアプリから構成される。

 センサーデバイスは通信用SIM内蔵で新たにネットワークの構築などが不要なため、既存の設備にも容易に後付け可能。データ収集画面は、ノンプログラミングのグラフィカルインタフェースから簡単にデータ収集できる。データ可視化画面ではリアルタイムに状況の把握ができる。

キャプション 「JIGlet」導入の簡単3ステップ 出典:村田製作所

 JIGletのサイコロデバイスと専用管理画面を用いることで、設備の非稼働要因や作業者別の生産性を把握するためのデータの集計、グラフ化が容易にできるようになる。

キャプション 「JIGlet」の活用例 出典:村田製作所

≫「製造マネジメントニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.