ニュース
» 2021年03月10日 07時00分 公開

ソニー、有効1億2768万画素の産業機器向け大型CMOSイメージセンサーを商品化FAニュース

ソニーは2021年3月9日、産業機器向けに有効1億2768万画素のグローバルシャッター機能搭載大型CMOSイメージセンサー「IMX661」を商品化すると発表した。

[MONOist]

 ソニーは2021年3月9日、産業機器向けに有効1億2768万画素のグローバルシャッター機能搭載大型CMOSイメージセンサー「IMX661」を商品化すると発表した。

photo CMOSイメージセンサー「IMX661」 出典:ソニー

 「IMX661」は、産業機器向けとして一般的であるCマウントレンズ対応1.1型イメージセンサーの約10倍の面積となる3.6型(対角56.73mm)の大型の光学サイズに3.45μmの画素サイズを採用し、グローバルシャッター機能を搭載したCMOSイメージセンサーとして「業界最多」(ソニー)となる有効1億2768万画素を実現する。

photo 1.1型イメージセンサーと3.6型イメージセンサーのサイズ比較 出典:ソニー

 一方で、多画素化し信号処理量が増加すると、一般的にはフレームレートが低下し、読み出しに時間がかかる課題が生まれるが、「IMX661」では機能を搭載したチップを画素ウエハー上に積層するChip on Waferプロセス技術を採用した独自のデバイス構造で、ADコンバーターを最適に実装することで、センサーサイズを大きくすることなく、処理能力を向上させることに成功した。加えて、出力インタフェースを高速化するため、独自開発したエンベデッドクロック方式の高速インタフェース規格「SLVS-EC(Scalable Low Voltage Signaling with Embedded Clock)」を採用。これら2つの独自技術で、従来比約4倍の出力データレートとなる1億2768万画素10ビット、21.8fpsの高速読み出しを実現している。

Chip on Waferプロセス技術によるデバイス構造 出典:ソニー

 高速検査などにおける撮像タイミングを制御するトリガー同期機能や、必要な領域のみを読み出すことで後段信号処理の負荷を軽減するROI(Region of interest)、データ量を削減しつつ必要な情報を出力する階調圧縮、移動体の軌跡を検知可能な多重露出、高速移動体をブレなく撮像する短時間露光、低照度時に感度を高めることが可能な画素加算読み出しなど、産業機器向けCMOSイメージセンサーに求められるさまざまな信号処理機能も搭載。多様な用途やニーズに対応する。

≫「FAニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.