ニュース
» 2021年03月12日 13時00分 公開

金属3Dプリンタによる短納期出力サービスを展開、SUS316Lなら1g当たり100円で3Dプリンタニュース

兼六ジャパンは、中国の金属3Dプリンタ企業ハンバンユナイテッド3Dテックと日本国内総代理店契約を締結した。これにより、レーザー粉末焼結積層造形方式設備の代理販売や金属3Dプリンタによる出力サービスを展開していく。

[MONOist]

 兼六ジャパンは2021年3月3日、中国の金属3Dプリンタ企業ハンバンユナイテッド3Dテック(HBD)と日本国内総代理店契約を締結したと発表した。

 レーザー粉末焼結積層造形(SLM)方式の金属3Dプリンタ設備を製造するHBDは、歯科や自動車関連、宇宙航空事業などでの幅広い販売実績を持つ。兼六ジャパンはHBDと日本国内での総代理店契約を締結することで、SLM方式設備の代理販売や金属3Dプリンタを用いた出力サービスを展開していく。

 代理販売では、設備内の主要な部品にドイツ製部品を採用した、SLM方式の高精度な金属3Dプリンタ設備を、ユーザーはこれまでよりも格安で導入できるようになる。また、設備導入サポートや導入後の定期サポートも実施し、安心して設備を使用できる環境を提供する。

HBD製の金属3Dプリンタ HBD製の金属3Dプリンタ(クリックで拡大) 出典:兼六ジャパン

 出力サービスでは、ユーザーが提供した3Dデータを、兼六ジャパンがHBDの金属3Dプリンタを用いて短納期で出力する。金属3D造形は高額だとされているが、兼六ジャパンではステンレス鋼(SUS316L)であれば、1g当たり100円で出力を受託する(最低価格の設定あり)。

 対応可能な素材は、ステンレス鋼、アルミニウム合金、コバルトクロム合金、チタン合金、ダイス鋼で、造形サイズは600×600×1000mmまで。造形後の後処理や表面処理にも対応する。

さまざまな業界、領域の金属3D造形に対応 さまざまな業界、領域の金属3D造形に対応(クリックで拡大) 出典:兼六ジャパン
金属3D造形品の例 金属3D造形品の例(クリックで拡大) 出典:兼六ジャパン

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.