5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2021年03月12日 09時00分 公開

ローカル5Gで建設現場の作業効率化などを目的とした4社連携協定を締結製造マネジメントニュース

NTT西日本、NTTファシリティーズ、NEC、竹中工務店は、建設現場の作業効率化および安全性向上を目的とした連携協定を締結した。ローカル5Gを活用した作業所のDXをテーマに共同のトライアルを実施する。

[MONOist]

 NTT西日本、NTTファシリティーズ、NEC、竹中工務店は2021年2月25日、建設現場の作業効率化と安全性向上を目的とした連携協定を締結し、4社共同のトライアルを実施すると発表した。

 共同トライアルは、NTT西日本新本社ビル建設予定地(大阪府大阪市都島区)をフィールドとして、ローカル5Gを活用した作業所のDX(デジタルトランスフォーメーション)をテーマに、同日から2022年3月まで実施する。

 具体的には、AI(人工知能)カメラを用いた危険エリアの侵入の自動検知およびアラート、ローカル5Gと高性能カメラを用いたエレベーターシャフト内での作業の監視と危険予知を検証する。

キャプション AIカメラを用いた危険エリアの侵入検知の検証 出典:NEC
キャプション ローカル5Gを用いたエレベーターシャフト内作業の可視化と危険予知の検証 出典:NEC

 今回の共同トライアルでは、NTT西日本がトライアルフィールドの提供とローカル5Gなどのネットワーク環境の提供および有用性の検証、NTTファシリティーズが工事監理の立場でトライアル結果の分析および有用性の検証を担う。

 また、NECが映像解析技術を用いた安全性向上のための建設現場DXの提供とその有用性の検証、竹中工務店が作業所としてのトライアルフィールドの提供と、施工者の立場でのトライアル結果の分析および有用性の検証を担当する。

≫「製造マネジメントニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.