ニュース
» 2021年03月17日 13時00分 公開

「コクヨデザインアワード2021」受賞作品が決定、国内外1401点の中からデザインの力

コクヨは、働く/学ぶ/暮らすシーンで新しい価値を創出するプロダクトデザインを募集し、商品化を目指すコンペティション「コクヨデザインアワード2021」の最終審査を終え、グランプリおよび各賞の受賞作品を決定した。

[八木沢篤,MONOist]

 コクヨは2021年3月13日、働く/学ぶ/暮らすシーンで新しい価値を創出するプロダクトデザインを募集し、商品化を目指す国際コンペティション「コクヨデザインアワード2021」の最終審査を終え、グランプリおよび各賞の受賞作品を決定したことを発表した。

 「コクヨデザインアワード」は2002年から実施されており、今回で18回目の開催となる。コクヨデザインアワード2021の募集テーマは「POST-NORMAL」。世界が大きく変化する今、あらためて身の回りにあるモノの価値を問い直すことで、これからも長く、広く、愛され続ける価値を考え、生み出すことを意図したテーマ設定となっている。ちなみに、コクヨデザインアワードの過去の受賞作品のうち計19点が実際に商品化されている。

 作品の受付期間は2020年8月21日〜10月19日で、国内外57カ国から合計1401点(国内795点、海外606点)の作品が寄せられた。最終審査では、一次審査を通過した10作品を対象に、グランプリ(賞金200万円)1作品と優秀賞(賞金50万円)3作品の計4作品を選出した。

グランプリ、優秀賞に選ばれた作品は?

 グランプリに選ばれたのは、デスクトップオーガナイザーの新たなスタイルを提案する「RAE」(作者:Milla&Erlend)だ。RAEは、多くの人が先の見えない状況に直面し、仕事環境が新しくなったり、変化したりする中、そうした新たな環境にも自然となじみ、ツール/空間/心をきちんと同じ1つの場所に落ち着かせることができるデスクトップオーガナイザーを提案した作品である。

グランプリを獲得したデスクトップオーガナイザー「RAE」(作者:Milla&Erlend) グランプリを獲得したデスクトップオーガナイザー「RAE」(作者:Milla&Erlend) ※出典:コクヨ [クリックで拡大]

 優秀賞には、色の濃淡などの特徴により人間が本能的にモノの性質を捉えることを利用した鉛筆「質感認識する鉛筆」(作者:Soh YunPing氏)、ノギスに備わる4つの機能を分解し、それぞれを単機能にした子供向け文具「コドモノギス」(作者:山浦晃司氏)、マイボトルを文具の一部として捉え、最適な形を追求した「学びに寄り添うマイボトル」(作者:松浦泰明氏)の3作品が選ばれた。

「質感認識する鉛筆」(作者:Soh YunPing氏) 「質感認識する鉛筆」(作者:Soh YunPing氏)。芯の硬度や濃度を、光沢や黒の濃淡で軸の色や形状に反映することで、感覚的に鉛筆を使うことを楽しめる ※出典:コクヨ [クリックで拡大]
「コドモノギス」(作者:山浦晃司氏) 「コドモノギス」(作者:山浦晃司氏)。円や球を学ぶ延長線でノギスを使用することで、身の回りのモノだけでなく道具自体に興味を持ち、“測る”という行為をより楽しく学ぶことができる ※出典:コクヨ [クリックで拡大]
「学びに寄り添うマイボトル」(作者:松浦泰明氏) 「学びに寄り添うマイボトル」(作者:松浦泰明氏)。倒れず転がらず使いやすい、これからの学び(勉強や仕事など)のお供にぴったりな新しいスタンダードを提案 ※出典:コクヨ [クリックで拡大]

⇒ 「デザインの力」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.