VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年03月17日 08時00分 公開

SteamVR用フルトラッキングシステムの量産モデルを共同開発VRニュース

Shiftallは、VRプラットフォーム「SteamVR」用フルトラッキングシステム「Haritora」の個人開発者izm氏と共同で、後継機となる量産モデル「HaritoraX」を開発する。

[MONOist]

 Shiftallは2021年2月19日、VR(仮想現実)プラットフォーム「SteamVR」用フルトラッキングシステム「Haritora」の個人開発者izm氏と共同で、後継機となる量産モデル「HaritoraX(ハリトラックス)」を開発すると発表した。予定価格は3万円未満で、同日に初回ロット分の優先予約フォームを公開。同年春〜夏の出荷を目指す。

 HaritoraXは、腰部や脛部、腿部に取り付けて用いるモーショントラッキング装置。加速度や地磁気センサーなど5つの慣性計測装置を活用して下肢部の動きをセンシングすることで、高いトラッキング性能を備えた。市販のVRグラスと合わせて使用することで、腰や足を含めた全身の動きをVR空間上に反映できる。

キャプション 右3点が、全身の動きをVR空間上に反映したフルトラッキングのイメージ 出典:Shiftall

 リチウムイオン電池を内蔵しており、7時間以上連続して使用できる。USB Type-Cを介して充電するが、給電しながらでも使用可能だ。本体以外、追加機器は不要で、Windows 10向けSteamVRに対応しており、装着用下半身スーツとUSBケーブルが付属する。

 初代モデルのHaritoraは、個人の活動ながら短期間で300台以上を販売している。今回、Shiftallの量産開発と製造ノウハウを用いて、量産機としてHaritoraXを共同開発することとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.