ニュース
» 2021年03月18日 11時00分 公開

静止軌道上でのGPS航法に成功、静止衛星用GPS受信機を国内外で発売宇宙開発

NECとJAXAは、光データ中継衛星に搭載した「静止衛星用GPS受信機」を活用し、静止軌道上でのGPS航法に成功した。軌道上で4機以上のGPS衛星からGPS信号を受信し、GPS航法を安定的に継続できることを確認した。

[MONOist]

 NECは2021年2月19日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同で、光データ中継衛星に搭載した「静止衛星用GPS受信機」を活用し、静止軌道上でのGPS航法に成功したと発表した。今後、NECスペーステクノロジーが同受信機を開発、製造し、同年春に国内外で販売を開始する。

キャプション 光データ中継衛星搭載の「静止衛星用GPS受信機」フライトモデル(左から、アンテナ、ローノイズアンプ、信号処理装置)(クリックで拡大) 出典:JAXA

 同受信機を搭載したのは、2020年11月29日に打ち上げられた光データ中継衛星だ。同受信機には、JAXAとNECが共同開発した微弱なGPS信号の捕捉、追尾、メッセージ復号に対応する技術を活用している。静止衛星において、軌道上で4機以上のGPS衛星からGPS信号を受信し、GPS航法を安定的に継続できることを確認できた。

キャプション 「静止衛星用GPS受信機」での航法状態と受信GPS衛星数(クリックで拡大) 出典:JAXA

 GPS航法は、GPS衛星から送信されるGPS信号を用いて、GPS受信機の時刻や位置、速度を決定するもの。しかし、GPS衛星は地表に向かってGPS信号を送信するため、GPS衛星よりも高度の高い静止衛星は、地球の反対側にあるGPS衛星からの微弱なGPS信号を捉えるのが困難だった。

キャプション 静止軌道におけるGPS信号の受信イメージ(クリックで拡大) 出典:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 両者は今後、2023年度にJAXAで打ち上げ予定の技術試験衛星9号機において、改良した同受信機を用いた自律的な軌道制御を実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.