ニュース
» 2021年03月18日 07時00分 公開

新製造棟建設により、3次元フラッシュメモリの生産能力を増強工場ニュース

キオクシアは、四日市工場で第7製造棟の起工式を実施した。第7製造棟の建設により、3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産能力を増強し、最先端フラッシュメモリ製品の柔軟な生産、出荷体制を確立する。

[MONOist]

 キオクシアは2021年2月25日、四日市工場(三重県四日市市)で、第7製造棟(Y7棟)の起工式を実施した。

 四日市工場は、フラッシュメモリの生産において世界最大規模を誇る。Y7棟の建設により、同社は3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産能力を増強し、最先端フラッシュメモリ製品の柔軟な生産、出荷体制を確立する。また、同工場にAI(人工知能)を活用した生産システムを導入し、工場全体の生産性をさらに向上させる。

 Y7棟は、地震の揺れを吸収する免震構造を採用し、製造設備は最新の省エネタイプを導入するなど、環境面にも配慮した工場となる。建設は2期に分け、第1期分の竣工は2022年春を予定している。

キャプション 第7製造棟の完成イメージ図 出典:キオクシア

 なお、同社が20年にわたってパートナーシップを継続するウエスタンデジタルとは、製造棟の運営で協力する。今後、Y7棟でも第6世代3次元フラッシュメモリ向けなどの共同投資を進めていく。

 クラウド、5G、IoT(モノのインターネット)、AIなどの普及を背景に、フラッシュメモリ市場は今後も中長期的な拡大が見込まれる。同社では、Y7棟で最先端フラッシュメモリ製品を生産し、需要拡大に対応していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.