ニュース
» 2021年03月18日 09時00分 公開

KDDIとデンソー、自動運転への5G活用に向けた共同検証製造マネジメントニュース

KDDIとデンソーは共同で、車両の自動運転に5Gを活用する検証を開始した。デンソーの研究開発拠点「Global R&D Tokyo, Haneda」内のテスト路に5G通信環境を整備し、車両や周辺状況を効率良く把握するシステムを検証する。

[MONOist]

 KDDIは2021年3月3日、デンソーと共同で、車両の自動運転に5Gを活用する検証を開始した。テスト路を5Gエリア化して検証し、交通事故や交通渋滞のない安心、安全なモビリティ社会を目指す。

 検証では、デンソーの研究開発拠点「Global R&D Tokyo, Haneda」内のテスト路に5G通信環境を整備。高精細車載カメラや、対向車、歩行者などの道路情報を検知する路側センサーなどから、高精細映像と周辺情報を取得する。これらの情報を利用し、5Gの持つ高速かつ大容量の特徴を生かして、車両や周辺状況を効率良く把握するシステムを検証する。

キャプション 検証のイメージ(クリックで拡大) 出典:KDDI
キャプション 「Global R&D Tokyo, Haneda」内のテスト路 出典:KDDI

 また、クラウドサービスへのシームレスなアクセスを可能にすることで、5Gに低遅延でのエッジコンピューティング環境を構築する「AWS Wavelength」を活用。刻々と変化する道路状況を、リアルタイムで自動運転車両に配信する仕組みを構築する。他に、遠隔からの無人車両の走行支援の有効性なども検証する。

 今後は、エンドツーエンド通信において、仮想的にネットワークを分割することで、用途やニーズに合わせた通信環境を構築するネットワークスライシング技術の検証も予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.