ニュース
» 2021年03月22日 11時00分 公開

自動車や工場からの排熱を利用した熱発電モジュールのサンプル販売を開始組み込み開発ニュース

ヤマハは、自動車からの排熱を利用した熱電発電モジュール「YGPX024」のサンプル販売を開始した。温度差385℃で1モジュールあたり最大143Wの電力を供給し、電力効率の改善やCO2削減に貢献する。

[MONOist]

 ヤマハは2021年3月5日、自動車からの排熱を利用した熱電発電モジュール「YGPX024」を開発し、サンプル販売を開始した。自動車のほか、工場排熱の有効活用、コージェネレーション、地熱発電、太陽熱発電にも活用できる。

キャプション 熱電発電モジュール「YGPX024」(クリックで拡大) 出典:ヤマハ
キャプション 自動車排ガスからの発電における熱電発電モジュールの応用例(クリックで拡大) 出典:ヤマハ

 YGPX024は、ゼーベック効果を用いた発電モジュール。モジュールの上下面を貫通する熱流で生じる温度差を利用し、温度差385℃で1モジュールあたり最大143Wの電力を供給できる。高性能熱電材料技術と高精度実装技術を応用し、最大400℃、常用300℃の高温下で動作する。自動車搭載を想定した場合は、高温側285℃、低温側100℃で40Wの出力が期待できる。

キャプション 熱電発電モジュールの構造(クリックで拡大) 出典:ヤマハ

 特許技術の応力緩和構造とステンレスパッケージ封止構造を採用し、自動車走行距離に換算して15万km相当の負荷に耐える。さらに、適度な柔軟性を備えているため、搭載時の熱伝導性グリースの塗布作業が不要だ。酸化防止や結露対策も必要ないため、搭載作業を簡素化している。

 外形寸法は143×103×2.1mmで、重量は約93g、室温におけるモジュール電気抵抗は2.4Ωだ。自動車の排気管に設置可能で、排気ガスの熱エネルギーから発電することで、オルタネーターの負荷低減のほか、走行中の電力回生による燃費改善やCO2削減に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.