ニュース
» 2021年03月23日 07時30分 公開

水性インクジェットインクの需要増に対応、富士フイルムが色材工場を新設工場ニュース

富士フイルムは2021年3月18日、水性インクジェットインク製品を製造する米国子会社であるFUJIFILM Imaging Colorants(以下、米国FFIC)に約20億円の投資を行い、水性顔料インクジェットインク用色材である顔料分散液の製造設備を新設すると発表した。2021年4月に着工し、2022年4月に稼働を開始する。

[MONOist]

 富士フイルムは2021年3月18日、水性インクジェットインク製品を製造する米国子会社であるFUJIFILM Imaging Colorants(以下、米国FFIC)に約20億円の投資を行い、水性顔料インクジェットインク用色材である顔料分散液の製造設備を新設すると発表した。2021年4月に着工し、2022年4月に稼働を開始する。

photo 出典:富士フイルム

 インクジェットは、短納期で1枚ごとに異なる印刷ができるバリアブル印刷が可能なため、商業出版印刷分野に加え、産業分野でも用途が拡大している。特に環境負荷が低く、食品用途での安全性も確保する水性顔料インクジェットインクへのニーズが高まっている。

 こうした動きを受け、水性インクジェットインク製品の製造を行う米国FFICでは今回、水性顔料インクジェットインクの主要色材となる顔料分散液の製造設備を新設することで、色材からインク製品までの一貫製造体制を構築することを決めた。これにより、拡大する需要に対応する考えだ。

 富士フイルムの顔料分散液は、顔料粒子に吸着する分散剤同士を化学結合させ架橋構造を形成する独自の「RxD(Reactive Dispersant)」技術を採用。分散剤が顔料から脱離しにくく、安定性の高い顔料分散を実現している。これにより、溶剤や機能性材料などが加わってもその影響を受けずに顔料分散の安定性が維持されるため、インク製造時に組み合わせる材料の選択肢の幅が大きく広がり、さまざまな分野のインク製造を可能としている。富士フイルムは、このRxD技術を用いた顔料分散液を自社インクだけでなく、他のインクメーカーにも供給しており、これまでに多くの水性顔料インクジェットインクに採用されている。

photo 出典:富士フイルム

 現在はこのRxD技術を用いた顔料分散液の開発と製造は、英国のFUJIFILM Imaging Colorantsのみで行っているが、今後の需要拡大を見据え、米国FFIC内にも生産工場を新設し、インク製品の一貫した製造を実現し、グローバル供給能力を増強する。

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.