ニュース
» 2021年03月31日 07時00分 公開

東芝、生産能力増強に向け300mmウエハー対応製造ラインを導入工場ニュース

東芝デバイス&ストレージは、300mmウエハー対応製造ラインを加賀東芝エレクトロニクス構内に導入すると発表した。導入により、低耐圧MOSFETやIGBTの生産能力を増強する。

[MONOist]

 東芝デバイス&ストレージは2021年3月10日、300mmウエハー対応製造ラインを、石川県の加賀東芝エレクトロニクス(加賀東芝)構内に導入すると発表した。

 同社は、ディスクリート半導体を生産する加賀東芝を中心に、200mmウエハー対応の製造ラインの生産能力を増強してきた。今回、加賀東芝の既存の200mmウエハー対応クリーンルーム内に300mmウエハー対応製造ラインを敷設し、低耐圧MOSFETやIGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor:絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)の生産能力を増強する。

 300mmウエハー対応製造ラインは、2023年度上期に稼働を開始する予定で、今後の投資計画は市場の動きを踏まえつつ順次決定する。

 東芝デバイス&ストレージは、ジャパンセミコンダクター大分事業所でもディスクリート半導体を生産しており、同事業所での生産も引き続き拡大していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.