ニュース
» 2021年03月31日 13時00分 公開

コラボ&自動化機能を強化した「AutoCAD 2022」、複数図面の同時表示・編集もCADニュース

オートデスクは、「Autodesk AutoCAD 2022」をはじめとするCADソフトウェアの最新バージョンをリリースした。最新バージョンでは、図面レビューサイクルを効率化できる「トレース機能」や、コラボレーションプロセスを強化する「共有機能」、複数図面を同時に表示/編集できる「フローティングウィンドウ機能」などが新たに追加された。

[八木沢篤,MONOist]

 オートデスクは2021年3月24日、「Autodesk AutoCAD 2022」(以下、AutoCAD 2022)をはじめとするCADソフトウェアの最新バージョンをリリースした。

AutoCAD 2022の新機能

 AutoCAD 2022では新機能として、図面レビューサイクルを効率化できる「トレース機能」や、コラボレーションプロセスを強化する「共有機能」が追加されている。また、ブロックやジオメトリの集計作業を自動化する「カウント機能」も新たに搭載し、面倒な手作業や人的ミスの軽減、設計の正確性、生産性の向上に貢献する。

コラボレーションプロセスを強化する「共有機能」 コラボレーションプロセスを強化する「共有機能」 ※出典:オートデスク [クリックで拡大]

 AutoCADのCAD図面をPDF形式でドキュメント管理ソリューション「Autodesk Docs」に直接パブリッシュできる「Autodesk Docsにプッシュ機能」や、複数図面を同時に表示/編集できる「フローティングウィンドウ機能」も新たに追加された。また、Web/モバイルアプリからクラウド上のファイルにアクセスする際、従来のオプションに加えて、データストレージの「Autodesk Drive」およびAutodesk Docsとの接続にも対応した。

複数図面を同時に表示/編集できる「フローティングウィンドウ機能」 複数図面を同時に表示/編集できる「フローティングウィンドウ機能」 ※出典:オートデスク [クリックで拡大]

 これら新機能の追加に加えて、AutoCAD 2022ではインストール機能の強化やグラフィックス性能の向上などが図られている。また、「スタートタブ」のデザインを一新することで利便性を高めた。

 AutoCAD 2022の提供に併せて「Autodesk AutoCAD LT 2022」や、macOS対応の「Autodesk AutoCAD 2022 for Mac」および「Autodesk AutoCAD LT 2022 for Mac」もリリースする。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.